楽しい妊活 その3|妊活のために摂りたい油は?

油は、私たちのエネルギー源でもあるし、じつは身体を構成する細胞の細胞膜は油とタンパク質がないと出来ない。

妊活では、女性ホルモンの生成と卵子の細胞膜の状態がとても重要になります。

女性はコレステロールというと皆さん悪者扱いするけど、これも油の仲間です。
ビタミンの中にも脂質性ビタミンの吸収に、油は欠かせません。

なので妊活には欠かせない栄養素の一つです。

【食用で摂る油には】

あなたが食べている油には、

●常温で液体のもの: サラダ油 ごま油 植物油 オリーブ油 など

●常温で固体のもの: バター マーガリン ラード など 

●食べ物に含まれているもの: 魚 肉 大豆・穀物 卵 乳製品 など

がありますね。

これらの油は、じつは色んな成分が結びついて出来ています。
その中に【脂肪酸】があります。

脂肪酸は、下記のようにタイプ分けできます。
 
●飽和脂肪酸:動物性油脂(固体状)
●不飽和脂肪酸:植物性油脂(液体状)
 
飽和脂肪酸は,私たちの身体で合成出来るのですが、不飽和脂肪酸は栄養で摂らないといけない油です。

不飽和脂肪酸は、魚や植物性オイルに含まれていて、コレステロール値を下げる作用があります。

中でも、体内で合成出来ない必要な脂肪酸のことを必須脂肪酸といいます。
 
リノール酸・αーリノール酸・アラキドン酸の3つが必須脂肪酸です。

これらは、ごま油、えごま油、ベニバナ油、アマニ油に多く含まれています。その成分によってオメガ3・6・9に分かれます。
 

オメガ3は抗炎症作用があり、細胞膜を柔らかくします。 
オメガ6は炎症を亢進させ細胞膜は硬くなるといわれています。
オメガ9は加熱に強く油が酸化しにくい特性をもっています。
 

妊活のかたは、できる限り身体に良いオメガ3の油を上手く摂りたいものですね。

私のおすすめは、サラダのドレッシングにしたり、青身魚で食べることです。

ご相談やご質問のかたは、むさしの整体療術センターまでお気軽に。
「妊活ブログ読みました」といってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください